お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

おもしろい!こんな授業

使うための英語を!

 言語は何より使うためにあるもの、そのためには使ってみなければその価値は分かりません。グローバル化された世界で、英語は必修の国際共通言語です。どんなレベルでもいいから、まず英語を使ってみましょう。

 この授業でもっとも重視されるのは、学生の参加意欲です。意欲があれば、英語は8-9割マスターできたようなものです。

 それではどんな英語の能力でもいいのか? 構いません。およそ国際学部の学生で、参加意欲があれば、全員受け入れます。英語能力には違いがあった方がよいのです。なぜなら英語能力が十分でない人は、英語能力が高い人から学び、英語能力が高い人は、英語で苦労している人を助けることで、学ぶからです。この協力関係こそ、本当のコミュニケーションを生み出します。

3泊4日の合宿を英語で!

 授業の中心は、3泊4日の合宿研修(インテンシブ・トレーニング)です。日本語を使ったら減点、日本語を使いすぎたら失格という取り決めで、合宿を進めます。これはかなりの努力を要します。英語のクラスだけでなく、さまざまなアクティヴィティーの準備も、英語で行わなければなりません。アクティヴィティーには、Games, Song Night, Walk Rally, Drama…などさまざまあります。アクティヴィティーが多すぎると思われるかもしれませんが、英語使用の現場はこのようなものだと理解できなければ、本当に英語を習得することはできないでしょう。困難に直面することで、学習意欲が刺激され、留学意欲も増してきます。事実、この経験を機に、留学を決心した学生は数知れません。

国際的な環境の中で!

 英語を国際共通言語だというとき、英語母語者とのコミュニケーションだけでなく、英語を母語としない人たちとのコミュニケーションにも、英語が使用されるということを意味します。英語合宿では、そのために、さまざまな国から来ている留学生に参加をお願いして、国際的な環境を創り出しています。アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスはもちろん、チェコ、スロバキア、ポーランド、ロシア、マレーシア、香港からの留学生などが今まで英語合宿を支援してくれました。この合宿で、留学生との知合いが増え、以後の学生生活が豊かになったという声をよく聞きます。これこそが国際学部の英語学習の本質でしょう。みなさん、どうか、英語会話(インテンシブ・トレーニング)を積極的に履修してください。

合宿の様子

取材協力:高際 澄雄 教員

このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念