ホーム > 博士後期課程 / 概要・特色

概要・特色

 多文化公共圏の形成にかかわる課題設定・企画立案・事業運営の組織的監理を行う指導的高度専門職業人を養成します。
教育課程の特色
1.複数教員の指導体制による学際的教育研究

3つの観点の関連分野から合計3名の指導教員が担当。
(「国際学基盤研究」「国際学リサーチ演習」「国際学臨地研究」)
2.インターンシップやフィールドワークによる多元的情報収集と調査・分析

国際機関,行政機関,NGO等と協同したインターンシップ,フィールドワーク。
理論と実践に基づく多元的情報収集能力と調査・分析能力の育成。
(「国際学基盤研究」「国際学リサーチ演習」「国際学臨地研究」)
3.教員・院生が協同するジョイント型セミナー研究環境

教員・院生間での学際的討論と両者の協同による多文化研究環境の形成。
(「国際学基礎演習」)
4.社会人に配慮した柔軟な教育方法

夜間,土曜日,日曜日の開講。テレビ電話会議システムによる参加。
実務経験をまとめたワーキング・ペーパーをもって「国際学臨地研究」の単位を認定。
5.博士論文を3年間で完成させる研究プロセス管理

3年間一貫の研究プロセス管理による博士論文の指導。
学位論文計画書,第一次発表,第二次発表,予備論文,博士論文。学会誌掲載論文(審査付)による質の保証。
(「特別研究Ⅰ」「特別研究Ⅱ」「特別研究Ⅲ」)

ホーム > 博士後期課程 / 概要・特色