お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

教員プロフィールと卒論テーマ

 


米山 正文 ヨネヤマ マサフミ

米山正文写真

担当科目

アメリカ文化論、アメリカ文学史


略歴

青山学院大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程満期退学(文学修士)


メッセージ

 私の研究対象は19世紀のアメリカ合衆国の文学です。 他の国でもそうかもしれませんが、合衆国の場合とりわけ文学が国造りと関わってきました。
 18世紀末にイギリスから独立し新しい国家ができたとき、作家たちは地域・人種・階級で分裂していた人々に、新しい国の特徴や価値観を意識的に描いていきました。私の研究対象は、こうした作家たちの詩や小説のみならず、パンフレット、新聞記事、演説など文字にされたもの全般になります。
 ナショナル・アイデンティティーを構築しようという共通性とともに、こうした作家たちの中の多様性にも注目したいと思っています。それによって合衆国の形成されていく複雑な過程を追うのが私の目的です。

受験生向け入試情報サイト・教員インタビューはこちら>>

所属学会

日本英文学会、日本アメリカ文学会、日本アメリカ学会、Melville Society


著書・論文

  • ・「国家・イデオロギー・レトリック--アメリカ文学再読」 根本治監修、松崎博・米山正文編著 (南雲堂フェニックス、2009)
  • ・「見える愛国者/見えない水夫/見られる他者――『レッドバーン』と『ホワイトジャケット』における黒人表象」 (吉田廸子編 『他者・眼差し・語り――アメリカ文学再読』 南雲堂フェニックス 2005 年 所収)
  • ・「虚構としての<信>――『詐欺師』と19 世紀ユニテリアニズム」 (根本治監修、松崎博・米山正文編 『国家・イデオロギー・レトリック――アメリカ文学再読』 南雲堂フェニックス 2009 年 所収)

研究内容・テーマ

19世紀米国ロマン主義文学


卒論・修論

  • ■「移民と向き合うアメリカ」(2011 年度)
  • ■「沖縄におけるアメリカの影響とその文化」(2011 年度)
  • ■「アメリカの小学校における食育の取り組み」(2011 年度)
  • ■「アメリカ先住民と核廃棄物問題」(2011 年度)
  • ■インディアンの精神世界と映画「ブラザー・ベア」
  • ■マルコムXのカリスマ性--黒人になぜマルコムは惹かれるのか
  • ■「アメリカ戦争認識の変遷――映画の中の戦争認識とベトナム戦争――」(2007 年度)
  • ■「児童文学作品映像化における変化とその意義――『小公女』を題材として」(2007 年度)

連絡先

yone〔@〕cc.utsunomiya-u.ac.jp


このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念