お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

教員プロフィールと卒論テーマ

国際文化学科

地球文化形成研究講座


渡邉 直樹 ワタナベ ナオキ

渡邉 直樹写真

担当科目

ヨーロッパ思想構造論、日独比較文化論
ドイツ文化論


メッセージ

 ベルリン、ウィーン、パリ、ロンドンなど石畳の街を歩いていると、歴史の息づかいが聞こえてきます。旅先の駅の構内や列車の中で、あるいはラインやドナウ、セーヌやテムズの河べりを散歩していると、はじめて訪れた場所なのになつかしさを感じることがあるのはなぜでしょうか。

 幕末から明治にかけて多くの日本人がヨーロッパを訪れ、日本の近代化に必要な多くのもの、経済、技術、医学、法律、文化等を採り入れました。わたしたちが今、あたりまえとして享受しているものの原型は、実はヨーロッパにあり、それゆえヨーロッパを体験したときに郷愁に似たものを感じるのかも知れません。

 わたしはヨーロッパ近代の思想・精神構造を研究テーマとしています。ものの見方、考え方は目に見え、手にとって確かめられるというものではありませんが、すべてのものを創りだす源です。

 国際社会で生きることが大前提となっている今日、ヨーロッパを学ぶことは日本を学ぶことでもあります。

著書・論文

  • ・「レッシング ―啓蒙精神の文芸と批評」(渡邉直樹著、同学社2002 年)
  • ・「Goethe und Friedrich der Grosse
    ― Über den „nationalenGehalt“ der deutschenLiteratur」
    『ゲーテ年鑑第XLVL』(第46 巻)2003 年
  • ・「モーゼス・メンデルスゾーンのユダヤ啓蒙主義 -人間の権利と宗教的権力との対立」 (慶應義塾大学『藝文研究』第91 号2006 年)
  • ・「ケンペルと18 世紀ベルリンの啓蒙主義者ドームとの思想史的連関についての研究」 (科学研究補助金「挑戦的萌芽研究」(2007-2009)報告書 2010 年)


卒論・修論

  • 2012年度
  • ■チェコの宗教と民族意識


連絡先


このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念