お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

教員プロフィールと卒論テーマ

 


田巻 松雄 タマキ マツオ

田巻 松雄写真

担当科目

国際社会論、地域社会論、現代日本社会論(学部)
東南アジアの開発と地域社会、国際都市問題論(研究科)


略歴

つくば大学大学院社会科学研究科卒業後、1996年より、宇都宮大学に勤務。
教授・多文化公共圏センター長。


メッセージ

 問題意識を一言で言えば、立場や価値観の異なる様々な人々が共に生きられる社会の在り方を追究すること

受験生向け入試情報サイト・教員インタビューはこちら>>

所属学会

日本社会学会、日本寄せ場学会、アジア社会研究会

著書・論文

  • ・『世界ホームレス百科辞典』デービッド・レビンソン編集代表、駒井洋監修、
      田巻松雄監訳者代表、明石書店、2007 年
  • ・「多文化共生と共生に関するノート」 『宇都宮大学国際学部研究論集』
       第26 号、2008 年10 月号
  • ・『栃木県における外国人児童生徒教育の明日を考える』
      (研究代表者 田巻松雄)宇都宮大学特定重点推進研究、2008 年3 月
  • ・「夕張財政破綻の背景」『寄せ場』第22 号、2009 年5 月
  • ・水島司・田巻松雄編著『日本・アジア・グローバリゼーション』
      日本経済評論社、2011 年

  • 著書一覧はこちら


研究内容・テーマ

主に、下層社会問題、国際的な人の移動、外国人児童生徒教育問題について研究している。


卒論・修論

  • 【卒業論文】
  • ■地域における『多文化共生』

  • 2011年度
  • ■「在日外国人の子どもたちの夢を叶える教育支援」
  • ■「関東大震災と朝鮮人虐殺について」
  • ■「外国人住民を取り巻く近況と日本人との交流―栃木県日光市に焦点を当てて~」

  • 【修士論文】
  • ■外国人児童生徒の教育に関わる教員の意識
  • ■日本におけるタイ人社会の変容


講演会

  • ■日本在住外国人のルーツや背景と『国策』~多文化共生をマジメに考えるために~(日光市役所、2009年7月29日)
  • ■夕張問題の捉え方、今何をなすべきかについての提案」(夕張市再生市民会議学習会、2009年5月14日)
  • ■国際的な人の移動を巡ってーアジア・日本・栃木」(日光市役所、2007年11月17日)


学会活動

アジア社会研究会事務局、夕張を学ぶ会代表


連絡先


このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念