お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

教員プロフィールと卒論テーマ

 


槙野 佳奈子 まきの かなこ

槙野佳奈子写真

担当科目

フランス文化論、フランス語講読

メッセージ

 私が研究対象としているのは、19世紀のフランス文学・思想・文化になります。留学先で提出した博士論文では、1839年にパリで公式発表された写真技術が当時のフランスにおいてどのような存在として受け入れられ、人々はその芸術性についてどのように捉えることになったのかを、同時代の科学普及活動家ルイ・フィギエ(1819-1894)という人物の見解を中心に分析しました。最近では、このフィギエという人物が「科学」と「非科学」の境界をいかに捉えていたのか、という観点から新たに研究を進めています。

 皆さんも大学で、これまで自分の知らなかった言語を努力して学んだり、これまで手に取ったことのないような文献を読み込んだりすることで、自分の中で何かが変わっていくような感覚が味わえると思います。自分の目で見つめ、自分の言葉で語ることの面白さ、そして他人の言葉にも耳を傾けて違いを尊重し合う楽しさを、大事にできればと思っています。

著書・論文

  • ・「黎明期写真の芸術性をめぐる議論」、『レゾナンス』、東京大学教養学部フランス語部会 、第8号、pp. 74-8120141月。

    ・「フランスにおける最初の写真技術の発明――アラゴーの演説とその影響に関する考察」、『レゾナンス』、東京大学教養学部フランス語部会、第9号、pp. 32-40201512月。

    ・「パノラマ、ディオラマ、ダゲレオタイプ――誕生の背景と写真史における位置づけ」、『年報地域文化研究』、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻、第19号、pp. 118-136 20163月。

    ・「科学普及活動家ルイ・フィギエによる科学演劇の試み」、『レゾナンス』、東京大学教養学部フランス語部会、第10号、pp. 8-1520182月。

    « Jules Verne et Louis Figuier, vulgarisateur scientifique », Bulletin de la Société Jules Verne, n° 197, novembre 2018, pp. 30-34.

連絡先

kmakino〔@〕cc.utsunomiya-u.ac.jp