お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

教員プロフィールと卒論テーマ

 


出羽 尚 イズハ タカシ

出羽 尚写真

担当科目

英語圏文化論、イギリス文化論、イギリス文化論演習、International Communication Seminar


メッセージ

イギリスの文化、とくに美術がわたしの研究対象です。専門的な言い方では美術史学と呼ばれる分野で、美術史学が対象とするのは絵画、彫刻、工芸を中心に、建築、ファッション、写真など多岐にわたります。  あまり触れることのなかった学問かも知れませんが、案外皆さんの身近にも関わっています。例えば、旅行。イギリスと言えば、大英博物館(=美術館)、セント・ポール大聖堂(=教会・寺院)、ストーンヘンジ(=遺跡)などの名が挙がるでしょう。イギリスに限らず、美術館、教会・寺院、遺跡はたいてい人気の観光地になりますが、いずれも美術史学が研究対象とするものです。旅行はまさに美術史学の勉強、と言っても過言ではありません。  逆もまた真。美術史学の基本は歩くこと、見ること。旅と同じです。そこが大きな魅力です。

著書・論文

<所属学会>
美術史学会、美学会、イギリス・ロマン派学会、日本18世紀学会等
<論文>
・「一九世紀初頭英仏風景画の比較から見るターナーの空間構成」(『美学』 235号,2009年)
・「JMWターナーの絵画制作における詩の役割」(『國學院大學紀要』50巻, 2012年)
・「JMWターナーの風景画における主題と連想」(『鹿島美術研究』29号,2012 年)
・「挿絵から見る『四季』― 落穂拾いのラヴィーニアの表現を中心に」(『イ ギリス・ロマン派研究』37号,2013年)
・「JMWターナー作《トムソンのアイオロスの竪琴》の主題と着想」(『國學院 大學紀要』52巻,2014年)


連絡先 Mail:izuha〔@〕cc.utsunomiya-u.ac.jp (連絡の際は@を小文字にして下さい)

このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念