お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

ホーム学科紹介 > 教員インタビュー

教員インタビュー

総力戦と冷戦から見る東アジア

   
(左)東アジアにおける二つの「戦後」/
松村史紀・森川裕二・徐顕芬編/
国際書院 / 2012年3月
(右)「大国中国」の崩壊-マーシャル・
ミッションからアジア冷戦へ / 松村史紀(単著)
勁草書房 / 2011年12月

 私は、第二次世界大戦が終わってから現代に至るまでの東アジアの国際関係について研究しています。

 具体的に言うと、「総力戦」と「冷戦」という二つのグローバルな戦争がどのようにして現代の東アジア国際関係の基礎を築いてきたか、ということを大きな研究テーマにしています。この二つの戦争は、異なるようで似ているところもあります。「総力戦」とは、第二次世界大戦など最終的に相手が破滅するまで戦う究極の戦争です。「冷戦」は核兵器があるためそれができなかったのですが、相手側、つまりソ連がなくなるまで戦い続けた戦争です。なお、東アジアでは冷戦は「熱戦」にもなりました。

 さて、まずその総力戦ですが、これによって、戦勝国(特に、アメリカ)が主導する平和の仕組みが東アジアで構想されました。例えば、戦後日本に誕生した「平和憲法」は、さまざまな解釈があるものの、やはり総力戦の経験によって生まれたものだろうと思います。一方、冷戦の際には「日米同盟」が締結されます。冷戦が終わってから、日米同盟の役割は大きな見直しをなされますが、この「平和憲法」と「日米同盟」が、この50~60年間ずっと日本外交にとって、二本の大きな柱として存在し続けています。

 朝鮮半島も見てみましょう。朝鮮半島は第二次世界大戦後に日本から独立しますが、冷戦の時代に南北に分断され、今も分断されたままです。総力戦の経験と冷戦の経験が重なるように存在しているわけです。中国についても同じことが言えます。中国は第二次世界大戦で戦勝国だった五大国の一つでした。しかし国民党と中国共産党の内戦によって国民党が台湾に追われ、中国共産党の政権が北京に築かれていきます。戦勝国の一つという総力戦の経験と、台湾と中国の分断という冷戦の経験が、やはり中国でも未だに続いているわけです。もちろん、冷戦がいまもなお続いているというわけではありません。私の研究では、総力戦と冷戦という二つの経験が、現代の東アジア国際関係の基礎をどのように形作ってきたのかを見ることを大きな目標にしています。



高校時代

 私は私立の中高大一貫校で学びました。レポートを提出するなど大学で行うような教育を中学から受けられたのは、本当に良かったと思います。理科系の授業では、よくレポート提出をさせられましたし、中学三年生のときには「卒業レポート」なるものがあり、やや大がかりな論文に取り組みました。ちなみに、そのときのテーマはコロンブスや大航海時代に関するものでした。ただ、正直にお話ししますと、中学・高校ではあまり真面目に勉強した記憶がありません。今テレビなどで活躍しているお笑いタレントの「サバンナ」や、ミュージシャンの「くるり」が先輩にいましたが、感性豊かな人材を輩出する土壌があったということでしょうか。

 大学では国際関係学部に進学しました。進学の動機は、それほど立派なものではありません。当時、冷戦が終わったことで、国際情勢に少し関心があったことは事実ですが、高校三年生のときにカナダに二カ月ホームステイするなど、漠然と国際関係という言葉に憧れていたことが大きいです。そのくらいの浅い気持ちで入学してしまったのは私の反省点ですが、入学後、夢中になれる授業がいくつかあったことは救いでした。


                  カナダにホームステイした時の写真。
                 ホストファミリーが空港に出迎えてくれました。


研究者への出発点

 大学では2年生の終わりごろに国際政治のゼミに入ることを決めました。素晴らしい先生がいらっしゃいましたし、基礎から勉強して習得できるのは国際関係の中で国際政治だろうと自分の中で判断したからです。また、その頃から大学院に入ることを少し意識していたので、大学院への進学率が高いゼミを選びました。

 しかし、就職活動を考えたた時期もあります。大学3年生の11月くらいになって、慌てて将来のことを真剣に考えるようになりました。ところが、エントリーシートに書ける内容が少ないことに気付きます。こういう企業に入ってこういうことをしたい、ということも見あたりませんでした。そこで改めて自分を振り返ってみると、決して得意ではないけれど、勉強をすることが好きなのではないかなと思いいたるようになりました。それで、このまま大学院に入って勉強を続けることにしました。



『少しずつ』を毎日

 今の大学生でも何になりたいかをなかなか見つけられないという学生を見ますが、私自身もそうでしたのであまり偉そうなことは言えません。

 一つだけ自慢できるとすれば、大学2年生の終わりに決意した日から現在まで、英語の勉強を一日も欠かしたことがありません。風邪をひいた日も、旅行に行った日も、です。合宿する時に最初に思い浮かぶのは「勉強はいつしようかなぁ」というくらい、その時の決意は固かったです。大学3年生では英語の勉強を一日中していたのを覚えています。受験勉強をしていなかったので、単語を覚えるなど基礎から勉強しました。

 そして3年生の終わりに大学院へ進学することをゼミの先生に相談したところ、「第二外国語を早めにやっておくように」と真っ先に言われました。その時の忠告はとてもありがたかったと今でも思います。アジアのことを研究するつもりでいたので中国語を選び、中国語も毎日勉強するようになりました。恥ずかしながら、中国語はほぼ全て独学で、お世辞にも習得したとはいえません。しいて、お世話になった先生を挙げるとすれば、NHKラジオ講座の先生(上野恵司先生)でしょうか(笑)。

  
最も感銘を受けた国際政治学
の古典の一つ

 さらに、修士課程で研究の必要からロシア語も始めました。これまた独学です。そこで毎日勉強しなければならない言語が三つに増えたわけです。英語も中国語もロシア語も、その時から現在までずっと勉強し続けています。一日の分量は少しですが、今思うと『少しずつ』ではないと続かないということがよく分かりました。

 勉強を一日も欠かさず続けられたのは、将来に対する不安が大きかったのが理由の一つです。自分は何に向いているのか分からず、頑張っても就職できるような時代ではなかったので、とにかく何かを自分でやり遂げないといけないと思いました。それから、語学に関しては自分より周りの人の方ができるという劣等感もあったからです。少しでも挽回したいという思いが強かったのもモチベーションの一つです。これは今も変わりません。

後編へ...

取材協力:松村 史紀 教員プロフィール

このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念