お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

ホーム学科紹介 > 教員インタビュー

教員インタビュー

欧米から日本、そして東アジアへ

 私は日本文学をベースに、文学の受容と伝播、影響関係について研究しています。

 日本文学は、近代以前は中国の影響を受け、近代は欧米文学の影響を受けてきました。そして1900年代から1930年代に日本へ留学してきた韓国や中国、台湾など東アジア地域の若者に大きな影響を及ぼすのです。さらに、彼らは帰国後に日本の近代文学をベースにし、それぞれの国の社会や文化を取り込みながら作品を書いています。その中には単なる摸倣もあれば、さらに発展して独自の文化に根ざすものもあります。つまり日本の近代文学は西洋文学の影響を受けていたばかりではなく、韓国など東アジアにも強く影響を及ぼしているのです。そういったことを「比較」という手法を用いて研究しています。

『雪国』との出逢い

日本文学という未知なる
世界へ引き入れてくれた
大切な一冊です。

 もともと小説が好きで、中学、高校の時によく読んでいました。主にモーパッサンやツルゲーネフ、ヘミングウェイなどの欧米文学です。学校でも欧米文学を中心に教わっていました。日本や中国といったアジアの文学にはあまり関心を持っていませんでしたが、高校2年の時、英語の先生から借りて読んだ川端康成の『雪国』の英訳がきっかけで日本文学にはまりました。

 初めは単に翻訳をしたいという気持ちでしたが、読み進めるうちにそれまで読んでいた欧米の小説とは違う作品世界に衝撃を受けたのです。『雪国』は主人公の島村と駒子と葉子という2人の女性との人間関係を描いたものですが、この小説には三角関係特有の葛藤構造が描かれていません。主人公たちの微妙な感情の動きが美しい背景描写とともに描かれているのみでした。

 当時、私はちょっとおませな高校生でしたが、愛し合いながらも、結局何もしない主人公たちの虚しさを描き出す『雪国』の世界に不思議な魅力を感じずにはいられませんでした。大学では日本語と日本文学を専攻することとしましたが、その決め手となったのがほかでもなく『雪国』なのです。今でも時々取りだして読むことがあります。

 

日本への留学

 私は1981年に大学に入りましたが、1979年に朴正煕大統領が暗殺され韓国は混乱の時代でした。全国の大学で反政府デモがあって、勉強するどころではありませんでした。それでも夏目漱石や谷崎潤一郎、三島由紀夫など、様々な日本の作品を読みました。

 4年生の時に太宰治の研究発表をしたところ先生から高く評価され、文学の研究もいいなぁと思い始めたのです。卒業論文ではカトリック作家遠藤周作の『沈黙』を取り上げ、神の概念をもたない日本人が如何にして西洋の神であるキリスト教を受け入れたのかを追求しました。卒業論文を書きすすめて行くうちに、日本文学への関心がさらに深まり、日本への留学を決心しました。

  留学中は勉強のほかに様々なことにチャレンジしました。

 

先生からのアドバイス

国木田独歩という文学者を
通して韓国文学の素晴らし
さを発見しました。

 

 日本では充実した留学生活を送ることができましたが、何よりも大きい収穫は素晴らしい先生たちに巡り合ったことです。修士・博士の時の指導教員は無論、授業や学会、研究会などで知り合った先生たちから多くのことを教わりました。

 その中でも忘れられないのは、私を比較文学という「若くて美しい学問の世界」に引き合わせてくれたことです。当時、私は研究テーマで悩んでいましたが、「日韓の間には植民地支配という不幸な歴史がある一方、文学をはじめ様々な近代文化が日本から韓国に伝わっていたという事実がある」と指導教員から言われ、調べたところ、韓国近代文学の成立過程に日本近代文学が深くかかわっていたという事実が知られました。

 更に「外国人が日本文学を研究するのは並大抵のことではない。せっかく留学して論文を書くならば日本人研究者と違うアプローチをして、日本人が気付かないことを書くことができるのではないか。日本人による日本文学研究を超えるものを書きたいと思うなら比較の視点でやりなさい」と言われました。その結果、私の修士論文・博士論文のテーマは国木田独歩という日本の文学者が韓国の近代文学に及ぼした影響関係を究明したものとなりました。

後編へつづく...

取材協力:丁 貴連教授プロフィール

このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念