お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

ホーム学科紹介 > 教員インタビュー

教員インタビュー

 

タンザニアという国

 初めに、私が仕事で滞在していたタンザニアという国について少しお話しましょう。みなさんはタンザニアがどこにあるか知っていますか? アフリカ東部にある国で、ドイツそしてイギリスの植民地でした。植民地から独立したころは、アフリカ的「家族」というモデルを国の政策に取り込んだ「ウジャマー社会主義」をとっていました。この政策によって、国の言葉としてスワヒリ語を国民の教育に取り入れることができ、人々に国民という認識を植え付け、内部紛争がなく治安が安定したということが成功例としてあげられています。しかしその一方で、みんなを平等に貧困にしたという批判もあります。かなり強制的に人々が移住させられて村が形成されたために、タンザニア南東部では今までの母系的社会が完全にバラバラになってしまったという現状もあるのです。

転機 -国際機関職員から教員へ-

 そのような国に滞在していた私が教員へ転身したきっかけは、理論で考えていたことと、現実の地域コミュニティーの思考との間にズレを感じたことです。つまり、現在私が研究している社会開発や人間開発の対象であるコミュニティーや人を、現場で見ることが難しかったのです。国際機関職員としてのミッション遂行の前提条件から自由になり、普通に生活をしている人々の価値観を知りたいという思いでした。研究をはじめ、伝統的には母系的社会で、しばしば貧困層として語られる離婚した女性や未婚女性の多くの人が元気なのですが、そのギャップを理解するためにも、現在は女性世帯主世帯の研究もしています。それを学生に伝えていくことができるということが楽しく、教員は有意義な仕事だと思っています。

 

角度を変えて物事を見る

 もちろん、国際機関で働いた経験は大いに役に立っています。実際にタンザニアの村に行くと、いかに国際機関のプロジェクトが役に立っているかということを現地の方から聞くこともありますし、何よりも政策提言の役割は重要だと感じます。理論上の考察と現場での経験は、どちらが良いとは一概には言えないものがあるのです。

 そこで、私が国際機関への就職を希望した理由をお話しましょう。高校のころから、国際機関には授業をきっかけに関心を持ちはじめました。学生のころには「貧困」など南北問題の関心が深まり、そこから国際機関への就職を目標に励みました。院では、人間開発という発展の理論を研究したのがきっかけで、より具体的に働きたい国際機関が定まりました。世界には発展途上国といわれる国がたくさんある中で、なぜアフリカに興味を持ったのか。南北問題を考える上で、世界で一番貧しいと言われているという意味で、アフリカに関心を持ち始めました。物の生産が他国よりも乏しい、GDPが低いという意味ですね。

 しかし、そのことがかえって素晴らしい人間関係や人の手技、また生活力を生み出し、むしろ日本の方が貧しいのではないかと思わせることもたくさんあります。これらの現象が一番顕著に表れている例が、アフリカにあるのではないかと思ったのです。貧しいと言われている中で、良いものが残っているという部分が、私とアフリカを繋ぎ続けている理由なのかもしれません。

 実際、国際機関で働くということは、日本国内ではなかなか味わうことのできない経験ができたと思います。その代表例は、いろいろな国の人と働けるということです。仕事の関係で他国の人たちと触れ合うことができたというのは、非常に楽しく刺激的な経験でした。このような経験からも、仕事内容だけでなく、日々の生活においてもどちらにも良い点があるのです。ですから、いろいろな立場や角度から物事を見ることは大切なことだと感じます。

後編へつづく...

取材協力:阪本 公美子准教授プロフィール

このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念