お問い合せ

宇都宮大学国際学部
〒321-8505宇都宮市峰町350
TEL 028(649)5164
FAX 028(649)5171
Mail

国際学部について

国際学部の目指す教育

21世紀が抱える課題はグローバル化の急速な進行により,非常に複雑なものになっています。資本の世界的展開,大量の労働力の国境を越える移動といったグローバル化と多文化化が急速に進む社会状況のなかで,格差の拡大,環境破壊,移民・難民問題,民族的・文化的衝突など前例のない課題が全世界的に生じています。また,企業の海外進出が加速する中,グローバルな視野から各地域の実情に対応した戦略を立案・実行する企業活動がより一層必要となっています。こうした変化を受けて,「多文化共生」を実現するために必要な知識,関心・意欲そして行動力を備える21世紀型グローバル人材(グローカル人材)の育成が,社会的に広く要請されるに至っています。国際学部では,こうした要請に応えるために,また,世界の様々な地域の国際的分野で活躍するために,多文化共生に関する専門的な知識・技術に加えてチャレンジ精神や行動力等を兼ね備えた,「グローバルな実践力」を持った人材を育成します。
「グローバルな実践力」として身に付けることが必要な能力は,世界の様々な地域で見られる多文化共生に関する専門知識と共に,豊かなコミュニケーション能力や行動力・協調性などです。具体的には,次の①~④の能力としてまとめることができます。
① グローバル化する地域の現状と課題を「多文化共生」の視点から読み解く力
② 問題構造を踏まえて社会を構想していく力(価値選択・目標設定能力)
③ 他者との対話を通して自らの考えを伝え,協働し,交渉する力(コミュニケーション・複数言語運用能力)
④ 「多文化共生」の課題に職業・活動を通して貢献する意欲,知識と行動力

学部長からのメッセージ

国際学部に入学を希望する皆さまへ

国際学部長 佐々木 一隆


生まれ変わった宇都宮大学国際学部

—多文化共生の実現に向けた21世紀型グローバル人材育成

 宇都宮大学国際学部は、平成29年4月より、従来の国際社会と国際文化の2学科から国際学科1学科の体制に生まれ変わりました。主な理由は、「国際」の学部名称を維持しつつも社会系と文化系の科目を融合した教育を行う方が有効であると考え、高等学校からの要望や地域社会からもそうした教育を受けた人材輩出の期待が高まったからです。こうした認識に立ち、新しい国際学部は、グローバル化する地域の現状と課題を多文化共生の視点から読み解き、問題の構造をふまえて社会を構想していく力を養うとともに、コミュニケーション能力や行動力を備え、外国語運用能力もある、グローバルな実践力を持った21世紀型人材を育成していきます。「多文化共生」とは、国籍や民族などの異なる人々が、互いの社会的・文化的違いを認め合い、地域の構成員として共に生きてゆくことを意味します。
 国際学部国際学科のカリキュラムはどのようになっているのでしょうか。ひとことで言うなら、1年次に多文化共生コア科目が開講され、多文化共生基礎科目の学修も始まり、2年次にグローバル実践力基礎演習が開講され、専門外国語科目とグローバル専門科目の学修も始まり、3年次には専門演習・実験実習科目と卒業研究準備演習があり、4年次には卒業研究を行うという体系的な教育課程を編成しています。グローバル専門科目には7つの科目群があり、アジア太平洋文化社会、欧米文化社会、日本文化社会、比較文化社会、言語・コミュニケーション、国際協力、国際共生に関する研究を扱います。これら7科目群の中から1科目ずつ選択することが義務づけられ、多文化共生について幅広く学ぶ一方で、特定の科目群に属する科目を集中的に受講することにより専門知識を修得することができます。専門演習・実験実習から卒業研究に至る学修はこうして得られた専門知識の上に成り立っています。
 このように国際学科では多文化共生のための専門教育が体系化されています。それに加えて、コミュニケーション能力や海外での行動力を養成する「国際キャリア教育」と外国語運用能力(英語+1言語)の向上をめざす「専門外国語教育」が充実している点を強調したいと思います。国際キャリア教育には、合宿形式の日本語による講義や英語によるセミナー、国内外のフィールドワークや海外インターンシップなどがあり、国際学部にふさわしいアクティブ・ラーニングが体験できます。専門外国語教育には、英語、フランス語、中国語、朝鮮語、スペイン語の会話、講読、文章表現などを学習する科目があります。さらに外国語臨地演習という科目もあり、現地で当該の言語や文化を学ぶこともできます。以上のほかにも、ドイツ語、ロシア語、タイ語、ポルトガル語を学習できる専門外国語科目も用意されています。国際キャリア教育と専門外国語教育は互いに関連するものであり、両者が連携・補完し合って、国内外のフィールドワークや海外インターンシップ、外国語臨地演習、協定校への交換留学などが促進されるものと思われます。
 専門外国語教育では、平成29年度の国際学科入学者より英語、フランス語、中国語、朝鮮語、スペイン語に関する「外国語能力強化プログラム」を設け、受講人数を制限した上で外国語運用能力の強化を図っていきます。また、従前からある日本語教育プログラムは教育実習を組み込んで充実を図り、国際学科の教職免許状として中学校と高等学校教諭の一種免許状(英語)を取得できるようにしました。
 これまで述べてきたことは、今回の学科統合による改組が平成6年の10月の国際学部創設以来のよき伝統を受け継ぎ、発展させたものであるということです。
最後に、国際学部のよき伝統や特徴を挙げてみたいと思います。まず、国際学部に入学して来る学生たちは実に多様であると言えます。地元栃木県はもとより全国各地から入学して来ます。その中には帰国生、社会人、外国籍の児童生徒として日本の小中高で学んだ人、他大学等からの編入学者が含まれています。交換留学生を含む様々な外国人留学生も多く在学しています。教員集団も多国籍であり、国際学部は多文化共生社会の縮図とも言えるでしょう。また、教育上の特徴としては、国と国とが接する「国際」、学と学とが接して時には融合する「学際」を重視することと、問題から出発して自ら課題を設定し、学際や国際(比較)の視点から解決していく学生の育成が挙げられます。こうした多様性と2つの「際」がもたらす人材育成の成果は卒業後の進路が多岐にわたっていることからも裏付けられます。最近では、国際学部附属多文化公共圏センターの事業が学部の教育研究活動との関わりを増しており、今後の発展が期待されます。
 新しくなった宇都宮大学国際学部は多文化共生実現のために国内外で活躍する21世紀型グローバル人材の育成をめざします。この学部で皆さんと出会えることを心待ちにしています。

学部の沿革

 国立大学で初めての国際学部が1994年(平成6年)10月に宇都宮大学に設置され、1995年(平成7年)4月から学生の受入を開始しました。2016年度まで国際社会学科と国際文化学科の2学科で構成されていましたが,2017年4月より国際学科1学科構成で新たにスタートしました。入学定員は90名,第3年次編入学定員は10名です。


このサイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念